忍者ブログ
本格中世風モンスターハンター小説(自称)をメインに、日常生活、趣味などに関するブログ。
[PR]
writer:イナ 2017-11-23(Thu)  
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


指名手配の女 22
writer:イナ 2011-05-15(Sun) モンスターハンター小説 
※記事下の「read more」または「つづきはこちら」をクリックして展開して下さい。
<<<最初から読む>>>


 そのまま城を出た二人は、街路樹が整備された城の外周を回って、東側の裏口へと回った。そこを出るとすぐに、ヒルコン川に面した港になっている。倉庫が並ぶその先には石で固められた護岸があり、穏やかに波打つ水面が見えた。
 この辺りには、避難の順番を待つ市民が行列を作っていた。騒々しい雑踏の中に、人々に指示を出す兵士の怒号が混じって聞こえる。
 二人はすれ違う人々を避けながら歩き、人影の無い場所に着いた。付近は漁師が使う小船が数隻置いてあるだけあり、閑散としていた。
 石畳の斜面となっている護岸の前で、二人は止まった。川から吹き上げる強い風に、シルヴィアの髪はさらさらとなびいていた。

「何?話って?」

 顔にかかる髪を掻き寄せながら、彼女が切り出した。
 フーゴは、彼女の単純な問いに即答できなかった。心臓は千切れそうなほど激しく脈打っており、先ほどからはこみ上がるような吐き気すら感じる。

(・・・何を話せばいいんだろうか。)

 彼女をニノンに引き渡す今、これが彼女との最後の会話になるだろう。
 フーゴは深く息を吸い込んで、ゆっくりと吐いた。そうして気を落ち着かせて、水平線から横に居る彼女へ視線を移した。

「これからウルタニアはどうなるか分からない。」

 シルヴィアは黙って頷いた。

「いや、ウルタニアだけでなく、この世界すべてと言う方が正しいかもしれない。
 君の言う黒龍の復活が本当であれば、この大陸に未曾有の事件となるだろう。数百年前の黒龍事件のことは詳しくは知らないが、その時には恐ろしいほど多くの人命が失われたと聞く。今回もおそらくそうなる。
 そうでなくても、王国と共和国の対立は決定的なものとなっている。この街もすぐに戦乱に巻き込まれるだろう。」

 フーゴが話す間、彼女は相槌をはさむことも、頷くこともしなかった。ただこちらを見て、フーゴが言おうとしていることを探っているようだった。
 その時、倉庫の影から一隻の小船がこちらに向かってくるのが見えた。彼女との別れが近づいている。

「・・・これからは強く、自分を持たねばいけないと思う。自分を守るためだけでなく、守らなければいけないもののためにも。
 激動の時代が来るだろうが、君も、私も、強く生き抜くことを祈っている。」
「フーゴ・・・っ!!」

 シルヴィアは目をそらし、自身のこめかみに突きつけられたボウガンの矢じりを見た。二人の背後から音も無く忍び寄ったニノンが、彼女にボウガンを突きつけていた。

「そこまでよ。」

 ニノンの冷たい声が、やけに大きく聞こえた。一瞬の静寂が辺りを包む。

「・・・そっか。ここまでギルドの手が回ってたんだ。」
「すまない。この街を守るためには、こうするしかなかったんだ。」
「いいよ。
 ・・・フーゴ、迷惑かけたね。あたしのこと、どれだけ信じてもらえてたかは分かんないけどさ。でも。」

 シルヴィアは真っ直ぐにこちらを見た。その目が燦々と降り注ぐ太陽に照らされてきらりと光ったのは、そこに涙を湛えていたせいだろうか。

「それでもあたしは、あんたと出会えて良かったと思ってるよ。」

 フーゴは、彼女の言葉に心を貫かれたような気がした。彼女がどれほど自分を信頼してくれていたのか、その一言で思い知らされたように感じたのだ。
 出会って間もなく、道端に座って話し込んだときの彼女の横顔。幽閉された自分を助けてくれたときの少し照れたような微笑。公務室、夕空とヒルコン川を背景に、風にたなびく銀色の長髪。鋭く挑発的な赤い眼。白い頬。
 すべてが連続的に脳裏に投影され、フーゴはこの期に及んで、彼女をたまらなくいとおしく感じた。その大切な存在が、今、彼の手から滑り落ちようとしている。

 先ほどの小船が護岸に横付けされ、そこから数人の武装した集団が現れた。その集団に囲まれて、ボウガンを突きつけられたまま、シルヴィアは船の中に導かれようとしていた。

「待てっ!!」

 フーゴは叫んだ。シルヴィアが驚いたように振り向き、こちらを見た。

「何用ですか?」

 同時に振り返ったニノンが、ボウガンをこちらに向けた。今までの彼女とは違った冷酷な雰囲気が感じられる。こちらを見据えるその眼差しも、まるで鋼鉄のように硬質なものだった。
 フーゴは彼女に気圧されて言葉を失ってしまった。そのうちに、彼女を乗せた船は護岸を離れ始める。

「違うんだ・・・。」

――― 私は君を信じている・・・。

 遠い雑踏と波音を背景に、聞き手のない呟きだけが残った。


<<<前話 終幕>>>
 

PR
この記事にコメントする
nametitle
mailtext
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
URL
pass
この記事へのコメント
この記事にトラックバックする
trackbackURL:
この記事へのトラックバック
プロフィール
HN:
イナ
性別:
男性
趣味:
多趣味
自己紹介:
小説をメインに、色々書いていこうかと思います。基本、自己満足です。ネット上ではあんまり友達居ないんで、気軽に声かけてやってくださいw好きな作家は司馬遼太郎・村上春樹・塩野七生。カオスですねw
バーコード
最新トラックバック
ブログ内検索
参加ランキング
このブログを気に入って頂けましたら、 ぜひクリックをお願いします。
広告


ひっそりとカウンター置きましたw
Powered by [PR]
/ Design by sky hine / PR:忍者ブログ