忍者ブログ
本格中世風モンスターハンター小説(自称)をメインに、日常生活、趣味などに関するブログ。
[PR]
writer:イナ 2017-11-23(Thu)  
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


指名手配の女 10
writer:イナ 2011-03-30(Wed) モンスターハンター小説 
※記事下の「つづきはこちら」をクリックして展開して下さい。
<<<最初から読む>>>

「ニノン殿は、ハンターギルドの腕利きの者だそうです。今後、ウルタニアを基点として女の捜索に当たりたいとのこと。」

 ニノンの横に回ったモゼスがこちらを見て言った。

「すると君はハンターなのか?」
「ええ、そうでございますよ。そのようには見えないかもしれませんけど。」

 ニノンはそう言うと、ふふ、と声を出して笑った。
 フーゴはすっかり驚いてしまっていた。目の前に居る小柄で物腰も柔らかい女性がハンターだとは、彼には考えられなかった。
 そしてフーゴは、この女性ならばシルヴィアについて何か知っているかもしれないと思った。シルヴィアについて、フーゴは少なからず特別な感情を抱くようになっていた。恋愛の類ではないだろうが、時に同情を超えた何かを感じることがある。
 そのような彼女のことを何も知らないままに捕らえられたのでは、フーゴとしても納得がいかなかった。

「シルヴィアはどうしてこのように指名手配を受けるはめになったのだろうか?
 君が知っているなら、教えてくれないか。」

 ニノンはうつむき加減に首を振った。

「いくらフーゴ殿のお頼みといっても、それはお答えできませんわ。
 しかし、一つだけ言えることは、彼女は必ず捕らえなければいけない存在だということ。」
「捕らえて、どのようにしようというのだ?」
「それは、刑に処するのみでございますよ。」

 落ち着いた語調で、ニノンは淡々と答えた。

「それはさておきまして、フーゴ殿はシルヴィアにお会いしたことがあるのですよね?彼女がどこへ向かったか、聞いておられますか?」
「いや、私は聞いていない。
 実は先程彼女の様子を見に行ったのだが、その時初めて彼女が居なくなっていることに気づいたのだ。」
「・・・そうですか。しかしそれならば、まだウルタニアから離れた場所にはいないはずです。フーゴ殿のご許可がいただければ、すぐに捜索に取りかかりますわ。」

 フーゴは、少し考えた。ニノンのウルタニアでの活動を許可するのに、ためらいを感じたのだ。
 彼にはシルヴィアが悪人だとは、どうしても思えなかった。彼女に対する個人的な感情もある。
 しかし、ここでフーゴが怪しい動きを見せたのでは、再び王国から猜疑の目を向けられる可能性があった。ニノンの雇い主が王国なのは明白である。

「許可しよう。」

 フーゴがそう言うと、ニノンは再び微笑みをこちらに向け、礼をした。
 そして、モゼスと共に部屋から出て行った。

<<<前話 次話>>>
PR
この記事にコメントする
nametitle
mailtext
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
URL
pass
この記事へのコメント
この記事にトラックバックする
trackbackURL:
この記事へのトラックバック
プロフィール
HN:
イナ
性別:
男性
趣味:
多趣味
自己紹介:
小説をメインに、色々書いていこうかと思います。基本、自己満足です。ネット上ではあんまり友達居ないんで、気軽に声かけてやってくださいw好きな作家は司馬遼太郎・村上春樹・塩野七生。カオスですねw
バーコード
最新トラックバック
ブログ内検索
参加ランキング
このブログを気に入って頂けましたら、 ぜひクリックをお願いします。
広告


ひっそりとカウンター置きましたw
Powered by [PR]
/ Design by sky hine / PR:忍者ブログ